最先端のVR技術で、仲介業務を最先端に。
いつでもどこでも、いくつでも、立ち会うことなく、内覧へ案内できる。
3Dの室内を自由に歩き、測り、シミュレートできるから、検討者の優先度が上がる。
閲覧行動データの収集・分析で、効果的な接客につながる。
新しい常識が、Roovから始まります。
検討者数の増加:
自由が、いちばんの便利です。

Roovはレーザー測量とマッピング技術を駆使し、空室状態の3Dモデルルームをクラウド上に生み出します。
検討者はさまざまなデバイスから、時間と場所を選ばずにアクセス。いくつもの物件を並行して内覧することもできます。便利だから注目度が高まるのはもちろん、これまでの内覧にあった様々な制約をなくすことで、機会損失をふせぎます。

業務効率の改善:
やるべきことに、集中できます。

Roovなら、内覧に立ち会いは必要ありません。だから、時間調整のやりとりも、案内できる人数の制限もありません。また、室内の計測も検討者自身がどこでも自由にでき、おすすめポイントをテキスト化しておけばVR上での表示も可能。さらに閲覧データの分析によって、検討者の嗜好にあわせてスムーズに情報を提供することができます。

※収集可能なデータ:
滞在時間 / 関心のポイント / 内覧軌跡 / 利用した諸機能 /

成約率の向上:
住み心地の確認で意思決定を早める。

Roovがほかの不動産系VRと大きくちがうのは、その臨場感。壁や床のカラーを変えてみたり、家具を置いたりもできます。住んでいる気になれる。だから、住みたい気持ちになれる。閲覧データの活用で、もっとも効果的な接客ができることも、成約率アップを支えます。

これまでの不動産系VR。そのどれとも違います。

Roovは初めから、そのすべてが仲介業務支援のためにデザインされています。
VRというジャンルの中でも、室内写真の進化版である360度カメラや、プレゼンツールである3DCGとは、開発思想が大きく違うのです。
機能の差を見れば、そのことがはっきりとわかります。

不動産取引に関わるすべての人にもっと迅速で、さらに快適な環境を

ご相談・お問い合わせはこちらから

03-6812-9555お問い合わせ入力フォーム